FC2ブログ
アクリルたわしの編み物。
4本の指先がさっと入ってコップなど洗いやすいのです。みんなおしゃべりもせず必死に作る人も、楽しくおしゃべりをしながら編む人、皆それぞれです。多い人は5個も編んでしまいました。編み手によって硬くなったり柔らかく編んだり。
午後は歌を歌ってリズム打ち。「南の島のハメハメハ大王」ちょっと難しいリズムを打ちながらなので慣れるまで少し時間がかかりますがこれが認知症予防になるのです。
後、低音部がうまくなってきたので「もみじ」の合唱をしました、気持ちよくハモレたのでみんなで満足しました。

最後におしゃべりタイム。言いたいことがたくさんあって予定の時間をオーバーしてしまいました。
スポンサーサイト
2018.11.10 / Top↑
公民館のすぐそばで下水道工事をしています。
しかし私たちの声のほうが大きくて、工事関係の人が、「いいですねえ。賑やかで楽しそうで…」と言っていました。話題の中心は玉葱の皮ちゃ。 血圧やアレルギーにもいいようです。なにせ今まで捨てていたものを利用して体にいいものを作って飲む。これを信じて続けて飲むかどうかは本人次第。
保育園児のハロウィーンの時の写真を利用者さんが撮ってきてくれたので皆さんが作った作品を持つ園児たちを見て「かわいい。かわいい。」の連発です。
「もみじ」の低音部少しずつ安定してきたのでこれからはもっと気持ちよくはもることができると思います。
血流をよくするツボを5か所確認して普段から使えるように覚えました。
午後はミニペットボトル15本ボウリング合戦です。大きなボールでも1っ本も倒せなかったり、硬い野球ボールでは隙間を通過してしまったりとなかなか思うようにはいきません。前回はストライクも出たのに今回は最高13本でした。いろいろと遊べますね。
2018.11.03 / Top↑
10月31日は「陽だまり保育園のハロウィーン。以前はサロンの場所まで子供たちが来ていましたが日にちがずれたので近所の家までです。今日はその時に渡すお土産を作りました。
松ぼっくりに布切れをお化けのようにぶら下げてハロウィーン気分を出そうとしました。みんなは上手なのでお化けというよりはミノムシだったり小鳥のようにかわいかったり。大きな松ぼっくりだったので袋から出したら、子供たちはきっとびっくりするだろうと思います。協力し合って、21個のお化けを作り上げました。
お昼を食べた後お話タイム。どうしても話したいという人がいてたっぷり時間を取りました。
そのあとは新聞を使って窓ガラス拭き。枚数はたくさんあっても人手はたくさんあります。ピッカピカになりました。新聞でのガラス拭きを初めて知った人は「帰ったら、うちでもやろう」と言っていました。正月前より今がチャンス。寒くないから気持ちよく掃除ができます。
2018.10.26 / Top↑
普段は「自分のいいところなんて見つけられない」と言っていた人が、息子の前でそうつぶやくと、息子から「かあちゃん!俺は帰ってからすぐご飯を食べられたり、ふろにはいれたり、シャツにアイロンがかかっていたりしてとても助かっているよ」「少しぐらい膝が痛くってもラベンダーで楽しく時間を過ごすのがいいよ。行ってきな。」と押し出してくれるようです。
そこでみんなは盛大な拍手。「いい息子さんね。中々そうは言ってくれないよ。」「先週作った勲章は息子さんにあげないとね。」
ラベンダーってすごいなあ。
もう一つすごいのは先週作った折り紙の勲章をもとに、色紙にいくつもの勲章がちりばめられ、中に毛筆で『道』と書いてありました。こうしてアレンジして活用してくれると教えがいがあるというもんです。
あ!そうそう今回の作品はドングリの帽子を利用して綿をくるんだ布を詰め込んでアクセサリーをつくりました。夢中になってお昼も忘れそうだったので、テーブルを別の場所に仕立てて昼食を済ませ、休む暇なく作業に取り組みました。指導をしていたのは利用者さんでした。 
2018.10.20 / Top↑
先週のリーダーから出された宿題の一つ。
自分のいいところを見つけ誉めよう…というのをもとに自分に折り紙のメダルを作ることにしました。
折り方は簡単なリースですが組み合わせをきれいにするのに時間を要しました。
でも我がラベンダーの仲間はすごい。工夫をして文字を書き込み、リボンをつけて仕上げました。バラの花を飾ったらすごくかっこいいメダルになりました。
首にかけるだけでなく飾っておくにも立派な仕上がりになりました。
午後は少しの間体を動かして体をほぐしました。
鞄を置き忘れてけいさつからでんわ。 金目のものはなかったので携帯が壊されていたようです。娘からえらく叱られて、元気をなくしていました。携帯にはいろんな情報が入っているので家族たちにも迷惑がかかるということです。難しい時代です。
2018.10.13 / Top↑